5月のイベント(イクeco)

- Category - イベント

5月12日(日)に

「育児&エコ(イクeco)」
 旧名称:バザー

があります。

※今回から大きく変更することがあるので、参加する人は必ず最後まで目を通してください。

 

場所
  • 甲府市東部市民センター(東公民館)
    甲府市和戸955-1

 

 

日時
  • 平成31年5月12日(日)9時頃~片付け後解散
    (片付けが終わるは、午後になると思います)

 

集合時刻
  • 9時

 

参加費 
  • 無料

 

持ち物
  • 丈夫で大きめの段ボール3つ以上(持つ部分に穴があるものがベスト)
  • 買った物を入れる袋(紙袋など)
  • 軽食(お昼ご飯)
  • ひとり親家庭だと分かるもの

 

参加条件
  • 準備と片づけのお手伝いを両方ともしていただける人

※お手伝いという表現より、保育園のバザーの役員と同じようなことと考えておいてください。 

 

お値段

1個1~10円です。

たくさん買うほどお得です♪

※参加したことのある人ならお分かりいただけると思いますが、実際は、「い~ち、に~い、さ~ん」と数えているので、かなり安いですよ♪

準備と片づけができないという人は、参加できません。

 

ひとり親家庭だと分かるもの

参加申し込みの後、参加者へ一斉メールで必要なものを案内します。

 

 

重要なお知らせ

とても重要なことなので、必ず目を通してください。

今回から参加者には受益者負担を求めることになりました。

  • 防虫剤
  • 消臭剤
  • 甲府市の不燃物ゴミのシール
  • 寄付金

上記のどれかをご持参いただくことになります。

残った寄贈品は、保管場所までの運搬や搬入作業もできる範囲で引き受けてください。

※これまでよりも本格的に準備や片づけをやってもらうことになります。

 

まず、これまでの経緯をご理解ください。

寄贈者の皆様は、寄贈してくれるにもかかわらず、わざわざガソリン代や労力をかけて寄贈品を会場や待ち合わせ場所まで持ってきてくれています。

事務局は、寄贈品を受け取るためにガソリン代や労力をかけ、受け取った寄贈品の保管のために防虫剤や消臭剤を購入し、残った寄贈品のうち、まだ使える者は児童養護施設などへ運搬し、廃棄しなければならないものは費用や労力をかけて処分しています。

このような状態でイクecoの恩恵を授かっている参加者(受益者)が相応の負担をすることは、一般的に当たり前のことと思いますが
これまで事務局は、「ひとり親家庭が大変なのは分かっているから、この程度のお手伝いにしよう」と考えてきました。

その結果、負担が事務局へ一極集中していることは、参加者が一番ご存じのことと思います。

 

事務局としては、お金が欲しいわけではありません。

寄贈者の皆様や事務局の負担
参加者の負担
それらを比較すると、参加者の負担が少なすぎると思いますし、実際にそういう声も多数寄せられていますし、その声は一部の参加者からも出ています。

覚えておいてほしいこと、忘れないでほしいこと。
イクecoは寄贈者の皆様の善意と事務局の献身によって成り立っています。

こうした理由から受益者負担を求めることにしました。

受益者負担の内容は、イクecoがひとり親家庭の支援を目的にしていることを踏まえて設定したものです。

 

 

申込締切

5/7(月)13時

前倒しになる場合があります

 

申込方法

下記の申し込みボタンより